【ライター募集】人気の副業職!ライターになる前の準備とは

- フリーとプロの違うところ

フリーとプロの違うところ

ライターとして活動するためには、フリーでも、プロとしても活動することができます。
フリーで仕事をするためには、どこの企業にも属さず、自分で案件を見て募集されている案件に応募しなくてはなりません。
こうしたことからフリーで活動する場合は必ずしも仕事が安定的にあるとは限らず、やや不安定な状態でライティングをすることになります。
ですが、自分のライティングを気に入ってくれたクライアントがいれば、継続的に案件の発注が行われることもあります。
それこそ自分のライティングスキル次第とも言えます。
プロとして活動するためには、ある程度のライティングの実績が必要になるでしょう。
ずぶの素人がいきなりプロとしてのライティングを任されるということはまずありません。
ある程度の経験や実績、ライティングスキルがあるからこそ、プロとして企業と契約できたり、雇用されることになります。
プロとしての活動の主な内容は、ウェブライターとしてのライティング、他のメディアへのライティングなどがあります。
多くの読者の目に触れるようなメディアに掲載されることを前提として活動することになります。
また、ライティングの内容も自分で選ぶよりは以来されるようになります。

関連記事: